インプラント治療について

インプラントの構造

インプラントは、フィクスチャー(人工歯根)、アバットメント(支台)、上部構造(人工の歯)の3つの構造からできています。
歯が抜けてしまったところの骨にフィクスチャーと呼ばれるネジのようなものを埋め込んで、その上に上部構造を連結するためのアバットメントを入れ、最後に上部構造を被せます。

インプラント治療のメリット・デメリット

【メリット】

  1. ①自分の歯のように違和感なく噛むことができる。
  2. ②かみ合わせの力を回復できるので、固い物も噛む事ができるようになる。
  3. ③周りの歯の負担を軽減できる。
  4. ④シンプルな治療ができる。(かみ合わせを回復するために健康な両隣の歯を傷つけなくて済む)

【デメリット】

  1. ①外科処置が必要。
  2. ②メインテナンスが必須。
  3. ③治療期間がかかる。
  4. ④保険診療ではない。

料金について

インプラントの治療にかかる料金は、「残っている骨の量」「歯肉の状態」などのお口の中の状態と、埋入するインプラントの本数、被せ物(上部構造)の種類をどうするかによって変わってきます。

健康な状態(支える骨の量が十分にあり、歯肉の状態がきれいな場合)では、1歯あたり 一次オペに25万円。二次オペに7~8万円。被せ物(上部構造)に10万円前後。
合計で約35~43万円ぐらいかかります。

骨量が少なく、骨を補填しなければならない場合は、上記金額に5~24万円プラスされます。
(手術で入れる骨の量によって異なる為、料金に幅があります)

また、歯肉をきれいな状態に造る必要がある場合は約5万円ほどプラスされます。

インプラント治療の詳しい料金表については下記のPDFをご覧ください。

インプラント治療の料金表[120KB]

骨量を増やしたり、歯肉の形をきれいな状態にしなければならないのはなぜ?
インプラントを長く良い状態で使用してもらうために、インプラント周囲の歯肉や骨の形を整えておく必要があります。そのため、インプラントを埋入する前後で歯肉や骨を造る処置が必要になることがあります。

保証について

医療法人社団 一心会では患者様に安心してインプラント治療を受けていただくために保証書を発行いたしております。

保証期間内における通常使用で上部構造の破損や脱落などが生じた場合、下記の保証割合にて修理・再作成・再装着をさせていただきます。
インプラントの手術ならびに補綴物(被せ物)を入れた際にかかった費用に対して、上部構造は5年の段階保証・インプラント体は5年間の完全保証、および6年目~10年までの段階保証をいたします。
保証書は保証期間中は大切に保管してください。

  • ※再発行はできません。
保証開始
からの
経過期間
~2年間 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目 10年目 11年目~
上部構造
(被せ物)
アバットメント
100%
当院保証
75%
当院保証
50%
当院保証
25%
当院保証
0% 0% 0% 0% 0% 0%
インプラント 100%
当院保証
100%
当院保証
100%
当院保証
100%
当院保証
80%
当院保証
60%
当院保証
40%
当院保証
20%
当院保証
10%
当院保証
0%
  • ※保証期間中であっても再診料1,000円+税は別途かかります。

ただし、保証期間内であっても下記の場合には保証の対象外となり有料修理・再作成・再治療となりますのでご注意ください。

  • ・自己の不注意または外傷等、明らかに当院の責任でない場合
  • ・当院の指示にない使用法や定期検診に応じて頂けない場合
  • ・診療時に全く予測できない変化が治療後に生じた場合
  • ・インプラント手術後の禁煙にご協力いただけなかった場合(禁煙にご協力いただけない場合は保証期間が5年間になります)
  • ※詳しくは、当院のドクターにお問い合わせください。
  • ※お口の中の状況によっては保証内容を変更させていただく場合がございます。
  • ※他院にて埋入したインプラントがある場合、インプラント本体に何らかの障害が発生しても当院は一切の責任を負いません。
  • ※なお、インプラントおよび上部補綴(被せ物)の保証は致しますが、軟組織の形態などについての責任は負いかねますのでご了承ください。