入れ歯について

入れ歯が合っているかいないかによって、豊かな食生活が送れるかどうか深く関わってきます。
保険適応の入れ歯で快適な場合もあれば、どうしても合わない場合もあるかと思います。中延セントラル歯科では、様々な入れ歯を取り扱っております。
入れ歯に関する、お悩み・ご質問がありましたら、お気軽にお声がけください。

入れ歯の種類

下記より入れ歯(義歯)の種類や特徴、料金を明記した比較表をご覧いただけます。

イメージ写真 名称 耐久性 審美性 生体
親和性
機能性 特徴 素材 料金
クラスプ・バー付きアクリルデンチャー 少数歯欠損義歯総義歯 クラスプ・バー
付き
アクリル
デンチャー
× 金属製の「バネ」が付いたタイプの部分義歯です。
歯ぐき付近にこの金属製のバネで固定します。
レジン

金属
保険適用
(自己負担3割の場合)
約5,000~
13,000円
ノンクラスプデンチャー フレキシブルタイプ ノンクラスプ
デンチャー
フレキシブル
タイプ
金属のバネ(クラスプ)を使わないタイプの部分義歯です。素材はポリエステル樹脂(ES)とナイロン系の樹脂(VP)から選べます。
お口の中に入れても目立ちません。弾力性があり、割れにくい材質です。
専用の入れ歯洗浄剤が必要です。
ポリエステル
樹脂
もしくは
ナイロン系樹脂
(片顎)
176,000円
(税込)
(全顎)
209,000円
(税込)
  • 3歯以上片側に欠損がある場合は、機能面を重視し両側のデザインになります。
保険義歯 保険義歯 保険適用の総入れ歯は、プラスチックで制作するため、強度を持たせるために厚みなどで違和感を覚える場合がありますが、修理がしやすいといったメリットもあります。 レジン 保険適用
(自己負担3割の場合)
約7,000円
コンフォート コンフォート 硬い入れ歯の裏面を生体シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯です。生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、シリコーン特有の吸着力を発揮します。
「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、歯ぐきにやさしい材料を使用しています。
レジン

シリコーン
(片顎)
220,000円
(税込)
安心サポート付
金属床義歯(コバルトプレートデンチャー) 金属床義歯
(コバルトプレート
デンチャー)
保険義歯と比べ薄くて丈夫です。
厚さは保険義歯の1/3まで薄くすることができ、しゃべりやすく、違和感も少ない義歯です。
金属は熱伝導率が良いので、入れ歯を入れていても、料理の熱さや冷たさを感じることができます。
レジン

金属
(片顎)
330,000円
(税込)

440,000円
(税込)
金属床義歯(チタンプレートデンチャー) 金属床義歯
(チタンプレート
デンチャー)
コバルトプレートデンチャーよりもさらに比重が軽く、重さは一般的な金属床義歯の約1/4。薄くて丈夫な義歯で、重たい入れ歯でお悩みの方におすすめ。
生体親和性が高く、インプラントや人工関節など体内に埋め込むことができる素材を用いています。
レジン

金属
(片顎)
440,000円
(税込)

550,000円
(税込)
金属床義歯(ゴールドプレートデンチャー) 金属床義歯
(ゴールドプレート
デンチャー)
三重○ 精密な加工をしやすい素材のため、適合性が良好。生体親和性も高い義歯です。
腐食しづらいので金属の味もしなく、しかも金属床義歯の中で熱伝導が一番良いため、より食事を楽しむことができます。
レジン

金属
(片顎)
880,000円
(税込)
  • ※保険適用の料金は自己負担が3割の場合で計算しています。

入れ歯の制作工程

保険の入れ歯の場合

①大まかな型取り 既製トレーで『個人トレー』作製のための型取りをします。
②精密な型取り ①で作った『個人トレー』でより精度の高い型取りをします。
③噛み合わせの決定 『噛み合わせを決める装置』で噛み合わせを決めます。
④仮合わせ 歯を並べた『仮の入れ歯』で再度、噛み合わせがあっているか、歯の長さ・並びは自然かチェックをします。
⑤完成 完成した入れ歯を実際にお口の中に入れて、強く当たっている箇所を調整していきます。
  • 入れ歯の種類によっては、工程が増える場合があります。

入れ歯のお手入れと管理方法

  1. ①入れ歯の床の内面、金具の内側、残っている歯との接触面は特に汚れが取れにくいので、丁寧に磨きましょう。
  2. ②落として排水溝に流さないよう、洗面器を用意すると良いでしょう。破損にも気を付けましょう。
  3. ③入れ歯専用ブラシ以外でも一般の歯ブラシや小さい歯ブラシも役に立ちます。
  4. ④熱湯消毒は入れ歯が変形しますので絶対にしないでください!
  5. ⑤入れ歯は乾燥に弱いので、保存容器で水中保管が基本です。
  6.  

入れ歯は、使用している方にとっては体の一部です。大切に保管しましょう!