ドクター・スタッフブログ 詳細

むし歯にならないためのおやつの取り方

2019年5月20日

こんにちは😊

歯科助手兼管理栄養士のなかむらです!

今日はむし歯にならないために

気をつけたいおやつの取り方についてお話します✨

 

小さいお子さんをお持ちの方は特に気になるむし歯ですが、、

甘い砂糖のとりすぎはむし歯の原因の一つになります。

 

しかし小さいお子さんは1回のお食事で十分なエネルギー量を

取れないこともあるのでおやつはとても重要なものなんです!

 

そんな子供たちにも大人の気分転換にも大切なおやつですが!虫歯にならないための気をつけたいポイントがいくつかあるんです☺️❣️

 

①のどが乾いたら水をのむ!

子供たちは甘いジュースが大好きですが

このジュースにはどれくらい砂糖が含まれているかご存知ですか?

オレンジジュース コップ1杯分にはなんとスティックシュガー2本分の砂糖がはいっています😱

フルーツソーダに至っては500mlに7本分も…😱

間食をとる時の水分はお水やお茶などにしましょう!

 

②あめ、ガム、グミは虫歯になりやすい!

あめやガム、グミは口の中に長時間残るためお口の中があまーい砂糖でいっぱいの状況が長く続きます。

その分虫歯になるリスクもあがっていきます😱

ただしキシリトールのガムは虫歯のリスクにはなりません。

キシリトールは虫歯菌の餌にはならない上に

虫歯菌自体を弱くしてくれる働きもありますよ🤗

 

③おやつは量と時間を決めて!

おやつを食べる時ダラダラと食べていませんか?

また毎日バラバラの時間に好きなだけ食べたりしていませんか?

その食べ方は虫歯の原因になります。

毎日決まったら量を決まった時間に!

食べ終わったら歯磨きをする😊

子供がもっとおやつをほしがっても

今日のおやつはおしまい!と言えるといいですね☺️

 

また3歳までのお子さんのおやつは極力甘くないものが望ましいです。

野菜の甘みを楽しんだり、プレーンヨーグルトや果物など

自然のおやつでそのままの味のおいしさを知ることが

子供の味覚の発育にもとても良いんです😊💕

 

お子さんだけでなく、

大人の方の虫歯予防にもつながるおやつのとり方!

是非できることから実践してみてください☺️❣️