ドクター・スタッフブログ 詳細

歯がしみる原因

2019年10月30日

こんにちは 経営本部のおいかわです

 

冷たい物を飲んだ時、ピリッと歯がしみたりしませんか?

歯がしみる原因には、「知覚過敏」以外にもいくつか原因があるようです。

 

歯ぎしりで歯の根元の部分が削れてえぐれている場合。

 ちょうど歯の根の部分に歯ぎしりの力が集中してしまうため、

 えぐれるように削れて象牙質が露出してしまいます。

 象牙質には神経に通じる細い管があるため、外部からの刺激が神経に伝わり、

 しみてしまいます。

 

歯周病で歯ぐきが下がってしまった場合。

 歯の根の部分にはエナメル質がなく、歯ぐきが下がると象牙質が

 むき出しになってしみてしまいます。

 (象牙質はセメント質に覆われてるのですが、

  とても薄く、細菌が出す酸によって破壊されてしまいます。)

 ちなみに、象牙質はエナメル質より高いHPで溶け出してしまう特徴があり、

 むし歯になりやすいので注意が必要です。

 

怪我や強い歯ぎしりなどで歯が割れてしまった場合。

 

むし歯でしみる場合。

 

いすれも、放っておくと悪化してしまう可能性がありますので

早めに、歯医者さんにご相談ください。