ドクター・スタッフブログ 詳細

介護での口腔ケアのポイント・・・

2019年5月17日

こんにちは、いのうえです。
食事や排泄のお世話は介護者にお任せしても、歯磨きは自分でする高齢者の方が意外に多くいらっしゃいます。

しかし口臭が強くなったり食が細くなる、よく熱を出すなどの症状がみられるようになったら、口腔ケア介護の時期です。基本的には身体的な介護と同じで、高齢者のプライドを傷つけないようサポートしましょう。主なポイントは以下の通りだそうです。
 ①できることはご本人にしていただく
 ②誤嚥に注意する
 ③生活のリズムをつくる
 ④無理強いしない
 ⑤専門的な口腔ケアの利用

最も危険で注意が必要なのは②で、汚れた唾液などが気管や肺に入らないよう気をつけましょう。声をかけて意識を覚ましたり、誤嚥しにくい姿勢をとっていただくのが効果的です。
次に⑤の専門的口腔ケアについて・・・。
お口の中は人それぞれです。専門家の指導や助言が必要なときがあります。かかりつけの歯科や訪問歯科にご相談ください。医療保険や介護保険を利用して専門的な口腔ケアを受けられます。

介護をする側もしていただく側にとっても、専門家の力を借りるのはお互いの安心のためにも良いかもしれませんね♫